マンションISP
の導入事例

「空室対策」とマンション無料インターネット

賃貸マンションやアパートの「空室対策」は、物件オーナーや大家さんにとって収益性を確保する上での最重要課題です。入居率を高めるには、数多のサービス·オプションがありますが、やはり一番人気は各ISP事業者が提供する全戸一括インターネットです。特に新型コロナウイルス感染症対策により、在宅勤務やリモートワークが当たり前になってしまった今、質の高いインターネット回線は必要不可欠なオプションと言えるでしょう。

今や標準装備となったマンション無料インターネット。ただ標準的な装備だからこそ、それだけでは、物件オーナーや不動産管理会社への差別化に繋がらないケースもあります。

そこで、プラスアルファの価値として、マンション無料インターネットに付帯できる「ビューン読み放題マンション」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。コロナ禍で巣ごもりのいまだから、手軽に楽しめるサービスとして、大手のISP各社様にお選びいただいています。

マンションISPの取り組み事例

株式会社ファイバーゲート

2017年から「ビューン読み放題マンション」をご導入いただいている大手ISP事象者様です。レジデンスWiFi営業部の石川大輔部長からは、「読み放題が決め手で、成約に繋がる例や、賃料アップに成功した例もあり、今後も、管理会社やオーナーへの差別化要素として使っていきたい」とのお話を頂いています。

ISP事業者向けに最適な読み放題

賃貸マンション、アパートの空室対策として活用いただける不動産業界向けの読み放題サービスが、「ビューン読み放題マンション」です。マンションの無料インターネットに接続するだけで、雑誌200誌、旅行雑誌100冊、 マンガ30,000冊が読み放題。全国約50,000戸の集合住宅でご利用いただいています。インターネット設備さえあれば、その他の特別な設備や工事は不要。料金体系も物件の戸数×単価とわかりやすく設定してあります。

最大の特徴は、お部屋の中はもちろんの事、電車や会社、学校など外出先でも読み放題を利用できること。さらに、ご入居者の世帯人数に関わらず、何人でもご利用いただけますのでご家族皆様のスマートフォンやタブレット、PCで読み放題を楽しんでいただけます。