差別化を図るサービスとして
コワーキングスペースの
電子雑誌導入事例

コワーキングスペースの需要増

街中でよく見かけるコワーキングスペース。最近ではカラオケやネットカフェなども業態転換でコワーキングスペースとして使われることも多くなってきました。

コロナ禍で出社制限がかかり、働き方だけでなく、働く場所にも大きな変化が生まれています。在宅勤務が増える一方で共有オフィスとして、コワーキングスペースを仕事場として利用している人も多いのではないでしょうか。

コワーキングスペースではコピー機やWi-Fiなど業務に必要なものが揃っており、仕事をするにあたって不自由なことはありません。しかし、利用者への更なる価値提供のため他にはないサービスの導入のご検討をしてみませんか。そこで、利用者の満足度向上にコワーキングスペースでは雑誌の読み放題をおすすめしています。

仕事の情報収集での利用や、ちょっとした休憩中に趣味やファッションの雑誌を読むことができます。老若男女問わず豊富な雑誌を取り揃えていますので、利用者の満足度が上がること間違いなしです。

コワーキングスペースに最適な読み放題

店舗や施設向けの待ち時間対策、集客施策として使えるのが「ビューン読み放題スポット」です。店舗内のWi-Fiに接続するだけで雑誌350誌、マンガ3万冊が読み放題。全国の1,000を超える複合カフェ、温浴施設、病院などでご利用いただいております。

インターネットの設備があれば、特別な設備や工事は不要。
お客様のスマートフォンやタブレットでご利用いただくので、紙媒体で必要だった設置場所の確保や管理も必要ありません。さらに、使いまわしなどもないため、感染症対策にも有効です。