待ち時間対策に使える
クリニックの電子雑誌
導入事例

コロナ禍における病院・クリニックの待ち時間対策

新型コロナウイルス感染症の収束が見えない今、多くの人々が仕事や生活に不安を抱えています。それは医療現場においても同様です。
特にクリニックなど、町の診療所・医院などでは感染症を恐れる患者が増え、「外来受診の控え」を生み、来院者数の減少に悩む先生もいらっしゃるかもしれません。

院内での感染リスクを減らすために、いろんな感染症対策がなされており、そのの一つが待合室に置いてあった紙の雑誌やマンガの撤去です。
しかし、診療やお会計には待ち時間が付き物。そんな待ち時間の対策に、電子の雑誌やマンガの読み放題を病院・クリニックにおすすめしています。

病院・クリニックの取り組み事例

いちかわ内科脳神経内科

いちかわ内科脳神経内科様では、診療をお待ちいただく時間をリラックスした気持ちで快適に過ごしていただくために「ビューン読み放題タブレット」をご導入されています。実際の雑誌を院内に用意するには、その冊数に限度がありますが、「ビューン読み放題タブレット」なら患者様が好みの雑誌を好きなタイミングで何冊も読めるとのことで導入を決めておられます。

病院・クリニックに最適な読み放題

店舗や施設向けの待ち時間対策、集客施策として使えるのが「ビューン読み放題スポット」です。店舗内のWi-Fiに接続するだけで雑誌600誌、マンガ3.5万冊が読み放題。全国の1,000を超える複合カフェ、温浴施設、病院などでご利用いただいております。

インターネットの設備があれば、特別な設備や工事は不要。お客様のスマートフォンやタブレットでご利用いただくので、紙媒体で必要だった設置場所の確保や管理も必要ありません。さらに、使いまわしなどもないため、感染症対策にも有効です。

主に病院·クリニックの方におすすめしているのが「ビューン読み放題タブレット」です。店内の共通タブレット端末から情報誌、ファッション誌などの雑誌600誌、マンガ3.5万冊が読み放題。全国2000を超える美容院・サロンや病院、クリニックでもご利用いただいております。

安価な費用で導入することができ、スタイリッシュで使い勝手のよいタブレット端末とセットで、1台・月額1,000円台からご導入可能です。また、紙の雑誌と違い、清掃や入替などのメンテナンスも不要で、さっとアルコール除菌すれば、感染症対策にも有効です。